経営管理権等を設定した森林では、どのような施業が実施されるのか。


woodinfo
投稿: 99
Admin
Topic starter
(@woodinfo)
メンバー
結合: 2年前

標準伐期齢(50年程度)で主伐・再造林する施業や間伐を繰り返す長伐期の施業など、どのような施業を選ぶのかは森林所有者と市町村との同意の下、設定されます。
経営管理権の存続期間については、基本的に自由に設定することが可能なので、存続期間に応じてどのような施業を実施するのかも自由に選択することが可能です。ただし、主伐を含む場合は最低でも15年以上(主伐後 10年以上)の存続期間を確保することが適当と考えています。
なお、経営管理権集積計画に記載する経営管理の内容は、経営管理実施権が設定される場合と設定されない場合に分けて内容を定めることが望ましいと考えます。

共有: